女医のメンタルコーチング 望む人生へのカウンセリング

プロフィール

  •  医師・医学博士(新潟大学医学部/大学院卒業)
  •  (財)教育研修コーチング 協会認定コーチ
  •  米国NLP協会認定 NLPプラクティショナー
  •  (財)日本能力開発推進協会 認定チャイルドカウンセラー
  •  家族療法カウンセラー

医師として、妻として、母として

 私は医師として、15年以上にわたり『人のからだ』のサポートをしてきましたが、今は主に『人のこころ』を元気にする仕事を行っています
 現在は夫と4人の子供達と、賑やかで楽しい毎日を過ごしております。

 離婚経験もあり、以前は子育てに悩んでいた私が「女医 えつこの部屋」を立ち上げ、楽しい家庭生活を送るようになったのは、 "コーチング"との出会いがあったからです。

 よかったらその話に、少しお付き合いください。

きっかけは子育ての悩みから

 コーチングと出会ったきっかけは、子育ての悩みでした。
 子供が学校でトラブルを起こすようになった時、「なんとかしなければ」と必死に子育てや心理学などを学びました。
 それなのに学んだ知識を実践できず、感情で子供を怒っては自信をなくし、 それを繰り返すうちに自分のやりたいことが分からなくなってしまいました。
 そんな時、新潟でプロコーチから「コーチング」が受けられることを知りました。

コーチングを受けて

 以前からコーチングには興味があり、自分や子供の能力を引き出してくれそうなイメージを持っていたので、早速申し込みました。
 セッションを受け、自分を縛っていた「良き母、良き妻」でいなければ誰にも愛してもらえないという自分自身の思い込みに気づくことができました。
そしてそれを解放することで、自分の本当の望みや進みたい方向がはっきりしてきたのです!

 また、私が精神的にラクになったことで、夫や子供達との関係がとても良くなってきました。
 こんな感動体験から、もっとコーチングを学んでみたい、自分を深く探ってみたいと、プロコーチ養成講座を受けました。

私が癌? 人生でのタイミング

 いよいよプロコーチとして活動を始める直前、私の肺に小さな癌が見つかりました。
 幸い早期だったので手術で取りきることができましたが、この出来事は、改めて「生きる」ということについて考える良い機会になりました。
 また、見つかったのがコーチングを学んだ後だっため、冷静に受け止めることができ、タイミングを逃さずにコーチングを受けて本当に良かったと思います。

 普段は意識していない自分の人生の残り時間を意識した時…
 あなたは大切な「今」をどのように過ごしたいでしょうか?
 人生の幕を降ろす時、どんな気持ちでいたいでしょうか?

私だからできること

 みんなが自分の「好き・得意」を活かして、楽しみながらお互いに貢献し合えるような社会っていいな、と思います。
 私にとっての「好き・得意」は、体や心の悩みを抱えた方のお話を聴き、問題解決方法を一緒に探ることです。
 患者さんの立場も経験している医師として。
 問題解決スキルを持ったコーチとして。

 そこで、『病院は混んでいてお医者さんとゆっくり話もできない』『もっと話を聞いて欲しい』という方が気軽に医師に相談できる場として、 「女医 えつこの部屋」を立ち上げました。

 体に不調があっても、未来に希望を持って楽しく生活することができます!
 どんな問題でも解決方法はあります!
 自分らしさを取り戻し、輝くあなたと喜びを分かち合えることが、私にとってもこの上ない喜びです。

カラダのこと、ココロのこと、
医師とゆっくり話してみませんか?